御祭神


玉依姫命
玉依姫命

玉依姫命は古典神話にはしばしば現れます。
その名を神聖な女性として祭っている社は
全国に少なくありません。
玉依姫命の多くは、一種の処女懐胎、もしくは神の子の
神秘な誕生を物語るものです。
また、神の憑依する巫女の呼称だと考えられています。
こうした玉依姫命の神の子誕生の話の多くは、単なる物語と
いうより巫女が実際に神の妻として神婚、および若宮誕生の
被疑に預かったことからも出ています。